TOP

クレジットカードの使い方を余すところなくご紹介します。

クレジットカード現金化は総量規制と関係ないの?

ポケットに入ったクレジットカードクレジットカード現金化は総量規制と関係ないのかと危惧している人もいるかもしれませんが、一切関係ありません。総量規制の対象はあくまでもキャッシングのみになりますので、キャッシング枠が総量規制に引っ掛かっている状態であってもクレジットカードの使用は問題ありませんので、現金化は可能です。クレジットカードのショッピング枠も総量規制の対象になるのではないかと危惧している人はとても多いのですが、言うなれば無関係です。危惧される点としては、キャッシングの返済が滞ると信販会社から使用停止にされてしまい、ショッピング枠も使用出来なくなればクレジットカード現金化も出来なくなってしまうのですが、直接の関連性はありませんので、総量規制だけではなく、キャッシング枠が限界一杯になってしまっている人であってもショッピング枠に余裕があればクレジットカード現金化は可能なのです。一緒に考えている人も多いのですが、両者は別物ですよ。

クレジットカード現金化はいつ出来るのか

ランダムに並んだ札束興味はあるものの、そもそもいつ出来るのか分からないのでクレジットカード現金化を行わないままにしている人もいるかもしれませんが、クレジットカード現金化行為そのものはいつでも出来るものです。名前の響きから、特別な行為を連想する人も多いのですがクレジットカード現金化はショッピング枠で購入した物を売却して現金にしてしまおうというだけの話であって、決して難しいものではありません。むしろ今の時代であれば24時間いつでも出来るのです。例えばですが、夜中にスマートフォンからクレジットカードで商品を購入し、それを売る。これも立派なクレジットカード現金化になりますが、夜中であっても可能な行為ですので、いつ出来るとか、出来ない時間帯や季節があるとかではなく、クレジットカード現金化は自分の好きな時にいつでも出来るものになりつつあるのです。つまり、いつ行うのかはそこまで深く考える必要はありませんが、トレンドもあります。

有料と無料のクレジットカードの違い

200札クレジットカードは会費の必要な有料のものと無料で作れるものがあります。どのような違いがあるのかと思っている人も多いようですが、基本的なクレジットカードの機能は同じです。違いがあるのはサービス面です。有料のクレジットカードの方がポイントの付与率が高かったり、ショッピング以外のサービスを利用出来たりするのです。保険が付帯されているものや、自動車のロードサービスが用意されているものまであります。有料のクレジットカードの方がサービスが充実しているのは間違いないのですが、そもそもそのようなサービスが自分に必要なのか考えるのも大切です。ポイントの付与率が多いとはいえ、有料なので会費と普段のクレジットカードの支払額を考えるとあまり得になっていないケースもあります。ステータス云々ではなく、自分自身にはどちらのクレジットカードの方が利便性があるのかを総合的に考えると良いでしょう。端的に、自動車を持っていない人にはロードサービスも無用の長物なはずです。


クレジットカード現金化の事を徹底解説!現金化コンシェルジュ

クレジットカードとクレヒス

並んだ札クレヒスというものをご存知でしょうか。「クレジットヒストリー」の略で、クレジットカードを使用する事で貯まっていく自分自身の信用です。クレヒスが高いと、審査にも通りやすいです。ではクレヒスとは何かというと、延滞や遅延が多いと損なわれていきます。クレジットカードでの取引はすべてデータに蓄積されています。延滞や未納がどれだけあるのかもまた、信販会社がすべて把握しています。そのため、金融商品へのサービスに新たに申し込む際、クレヒスが良いと審査が有利になります。クレヒスは収入云々ではなく、「それまでどのようにクレジットカードを使用したのか」が問われますので、多重債務であれショッピング枠が常に限界ギリギリであれ、未納や延滞を一度とて行っていない人はクレヒスが良いのです。クレヒスが良い人が審査を申し込めば、収入云々抜きに審査する側に「延滞や未納を絶対にしない人」という情報がありますので、審査に通りやすくなるのです。

クレジットカードは学生でも持てるのか

丸めたお札クレジットカードを持ちたいと思っている学生もいるかもしれませんが、収入面から不利なので学生の間はクレジットカードを持てないのだろうと諦めているかもしれません。ですがこれは逆で、学生の間にクレジットカードを持っておいた方が得なケースもあります。例えばですが大手銀行や信販会社では学生専用のコースを用意している所もあり、卒業と同時に上位のクレジットカードへと移行出来るシステムもあるのです。社会人となってからでは収入等によってシビアな査定が待っていますが、学生の間であれば審査も甘いのです。信販会社や銀行としても若い世代を囲い込みたい気持ちがありますので、早い段階でクレジットカードを持ってもらい、以降長い付き合いにしていきたいという気持ちを持っていますので、学生の間であれば審査が甘いのです。使い過ぎには注意ですが、後々を考えると学生の間に一枚クレジットカードを持っておくことは決して損ではありません。